--
--
スポンサーサイト
スポンサー広告 *
--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


拍手する
06
30
この旅の終りは新しい旅のはじまり。
日々徒然 *
2010 はー、終った。日本の2010年の挑戦。
PKまでフルコースで楽しませてもらったけど、PKは辛いんだよな...辛い子がかならず出てしまうからなあ。でもオシムもPKはサッカーではないって言ってたし!スコアレスでそこまで持ち込んだのは凄い事だと思う。駒野は今大会いちぐらいの集中力で素晴らしい対応してたんだし!川島はもうずっと神がかってた!あの最後のプレーだけじゃないんだ!うわん!
サッカーの女神さまはどえすなので、まだ涙がたりませんと言ってるのでしょう。嬉しいのも悔しいのもあと4年分経験してまたひとまわり大きいチームになって世界に挑みたいものです。

とはいえ、このチームでの挑戦はもうおしまい。

私は個人的にこのアテネオリンピックの世代がすごく好きで。
サッカーを見始めてからはじめてものすごく熱くなって代表を応援したのもこの世代で。彼らはわりと不遇な世代だったりしたんですが、メディアからそんな扱いを受けつつも02年のアジア大会で試合を重ねていくたびにたくましく、代表らしく、成長する様を観せてくれて。あと少し、もう少しこの代表を観ていたいと。そういう「チーム」が出来上がって成長していく面白さを教えてくれた選手たちだったんですね。

でもまー、なかなかこの面子がひとそろいで日本代表として顔を連ねる事はなく。
しかし、今年、この大舞台でようやくその内の数人が顔を揃える事になって。
しかも1度形をぶっこわして1から「チーム」を作って行くっていう中の新しい面子として。(そんな形で世界に挑むなんてほんと今から考えたらようやったな!と思います。笑 )

普段は同じチームでプレーするわけでは無い代表チームも試合を重ねれば形はだんだん出来てくるものですが、こんなふうに「チーム」っていう、ひとつのいきもののようになるとまでは正直思っていませんでした。
そういう挑戦が出来た事にも感動したし、チームが連動して考えてプレーしてる事にも感動したし、それぞれが臨機応変に役割を理解して考えて動いてるっていう....いやもう、燃えた!すっげおもしろいと思った!

だからこそ、少しでも長く観ていたいなあ!と思った。
02年に夢見たベスト8の舞台へ上がったとき、どんなふうになるのか、観てみたかったなあと思った。
チャンスはすぐそこにあったんだけど。

...けどね。っていうのが、また、フットボールの面白さだなあと思うわけで。覆水は盆にはかえりません。
人生といっしょ。ってよく言われるけど、こういう切ない幕切れを観ると、ほんとにそうだよね厳しいね。と思うわけです。

でもでも、この挑戦を体験したり観たりした若い世代がきっと夢を引き継いでくれる。
未来へ繋がって行く楽しみと、それをリーグなりで時に厳しく、時に優しく見守るサポの楽しさ!あと、いつも応援してるあの選手が大舞台で輝いたときの誇らしさたるや!!Jも4年に一度の祭りのたびにでもいい、もっと盛り上がるといいなと思います。
残り試合はあと8つ。世界の頂点にたつのはどのチームかなあ。
お疲れさまでした。日本代表。楽しかったよ、ありがとう!選手たちのさらなる活躍を祈ります!

はー、はやくスタジアムへ行きたいです。毎日サッカー見てるけどもー禁断症状でそうです!笑


拍手する
杣 人 綴
日 々 あ れ こ れ も え つ づ り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。